読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お彼岸会の行事で『がん 家族の看病のお話会』

今やガンは2人に1人が患うとも言われ、死因の1位をキープしています。

患者さんは勿論大変ですが、看病するご家族も精神的にも肉体的にも負担がかかります。患者さんだけでなく、そばで看病している人も身も心も大変な状況で、悩み苦しまれている現状があります。しかしながら、社会は看病人に目を向けられることはなく、サポート体制は決して整っているとは言えません。

 

そこで、「がん患者さんの看病をしている人のサポート会」を立ち上げられ活動されているチームが大阪にあります。


 昨日のお彼岸のお中日は、お彼岸会の行事で、特別講話として「がん・家族の看病のお話会」と題して、代表の酒井たえこさんのお話始め、メンバーの方々との対談や、『抗ガン剤の先にあるハッピーな毛の話』と言うことで、ウィックを紹介したお話がありました。また、病院などで実際に行っている『ハンドマッサージ』の体験コーナーもありました。

 

お彼岸に、大切な命と心温まるお話会でした。

その後の法要では彼岸会追善供養と、お彼岸についての法話をしっかりさせて頂きました。

 

 

f:id:m-eishumonk59:20150925001622j:plain

 

 

f:id:m-eishumonk59:20150925001609j:plain