読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めて小豆島に行ってきた!

正月3日の早朝5時半、外はまだ夜明け前、暗闇の中自家用車に乗り込み、妻の実家がある広島県福山へ大阪から向かった。

 

午前中に到着し、その日のうちに高松に移動した。
愛犬のチワワと一緒だったので、ペット可のホテルに宿泊。


ペット連れで更に大変なのが食事の場所、高松市内の片原町商店街で見つけた「酒と焼鳥は文化」という看板が目に付いた居酒屋さん、外席があったので事情を話すと快くOK、レトロな雰囲気の漂う安くて美味いアットホームな感じの店だった。

 

翌日は朝から高松市内観光、愛犬も一緒だったので高松城跡庭園には入れず、源平による激戦が繰り広げられた屋島の合戦古戦場跡、対岸から臨める屋島を見ながら、当時の両軍の激しい戦闘がこの地で繰り広げられたと思うと身震いがする。

屋島山上へドライブ!高松市内も一望でき見事な眺望であった。

f:id:m-eishumonk59:20170107144105j:image

f:id:m-eishumonk59:20170107144125j:image

行列ができる有名な讃岐うどん屋「一福」さんで昼食、その後フェリーに乗り小豆島へ。

実は小豆島を訪れるのは初めてで、前夜にフェリー利用が便利だと分かり行くことにした。

 

小豆島は香川県に属し、瀬戸内海では淡路島に次ぐ2番目の大きさ、日本の島の中では19番目の大きさだそうだ。オーリブ園や醤油記念館、二十四の瞳映画村などで有名。初めて行ったが思ったより広く2時間くらいの滞在ではとても周りきれない。その中でもオリーブ園に立ち寄った。日本でのオリーブ栽培の始まりは小豆島と言われるが、沢山のオリーブの木が立ち並んでいた。

f:id:m-eishumonk59:20170107144326j:image

f:id:m-eishumonk59:20170107144151j:image
昭和天皇が立ち寄られた際に、種子を播かれ育ったという貴重なオリーブの木もあり、目にでき感無量。園内にはレストランやショップもある。

f:id:m-eishumonk59:20170107144306j:image

 小豆島は醤油も有名で通りかかった金大醤油さんで万能のダシ醤油とガーリック油を買って帰った。

f:id:m-eishumonk59:20170107144516j:image

帰りは小豆島福田港からフェリーで姫路へ。姫路から車で大阪に帰って来た。仕事の都合で1泊2日の束の間の休日だったが、新たな発見があった。
今度は「二十四の瞳」を映画か小説で読んでゆっくり当地を訪れたいと思う。