読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お寺教室「仏様の心に触れる書道」初開催!

本日はまたお寺での新たなイベントが生まれました。「仏様の心に触れる書道 vol.1」を開催し、多くの方々にご参加頂きました。お寺と言えば書道、なぜこれまでこんな素晴らしい講座をしなかったのかと思います。(自画自賛‥笑)毎回課題を決めて書いて行くの…

住職認証式並びに身延山久遠寺参拝報告

10月14日から16日まで山梨方面に行って来ました。遊びに行った訳じゃありませんよ。日蓮宗の総本山身延山久遠寺での住職認証式に出仕するため、檀家さん10名と共に団体参拝旅行を兼ねて行って参りました。 初日は観光し英気を養いました。先ずは観光百選滝部…

お彼岸会の行事で『がん 家族の看病のお話会』

今やガンは2人に1人が患うとも言われ、死因の1位をキープしています。 患者さんは勿論大変ですが、看病するご家族も精神的にも肉体的にも負担がかかります。患者さんだけでなく、そばで看病している人も身も心も大変な状況で、悩み苦しまれている現状があり…

お彼岸と感謝の心

お彼岸ということで、お墓参りに行かれる方も多いかと思われます。三離れと言って、墓離れ、葬式離れ、寺離れと言われつつも、老若男女問わず、お彼岸やお盆に熱心にお墓参りされている姿を見る限りは、それ程感じませんが現実は違うようです。誤解を恐れず…

「お寺で学ぶシリーズ」フルーツアドバイザー・中野瑞樹先生の綿棒ワークが開催された

8月25日は『お寺で学ぶシリーズ』、立体で算数を学ぶ「綿棒ワーク」初級編と中級編が同時並行で行われました。講師は、国際フルーツ協会代表、フルーツアドバイザーの中野瑞樹先生。私も中級編に挑戦し12面体を作りましたが、悪戦苦闘しました。こう見えて中…

盂蘭盆施餓鬼会の行事があった

今日は自坊で盂蘭盆施餓鬼会がありました。 午前中は初盆会施餓鬼法要、有難いことに檀家さんより2月に遷化した先代住職へのご供養もたくさんして頂きました。 そして午後からは、今メディアからも大注目のフルーツアドバイザー、元東大教員の中野瑞樹先生に…

施餓鬼と目連尊者 〜餓鬼道に堕ちた人々を救うには〜

今年の猛暑は、渇いた喉を潤す水の有難さを改めて感じました。人間の命を繋ぐために最も大切なものが水です。 仏教では、三悪道【さんあくどう】の一つ餓鬼道(餓鬼界)に堕ちると、飢渇の苦しみを味わうことになります。 盂蘭盆施餓鬼法要で行う水向供養は…

大阪チャリティー被災地訪問記 〜最終話〜「女川町での出会い」

女川町には初めて足を踏み入れた。女川町と言えば、日本でも有数な漁港と女川原子力発電所が有名である。津波によって甚大な被害のあった地域で、1000人以上の方が亡くなった。人口比では東日本大震災で最も高い死亡率となった。 町の建物も7割が被災したと…

戦後70年、戦没者慰霊供養と平和への祈り

多くの尊い命が失われたあの大戦から、70年の月日が流れました。戦争を知らない私たちは、今の時代に生きていることに感謝し、今後二度と戦争をしてはならないことを願い、誓うことが大事です。そして、それを次世代にも伝えていく責務があると思います。戦…

大阪チャリティー被災地訪問記 〜第5話〜「閖上地区と大川小学校での祈り」

7月18日、西日本を上陸した台風11号による大雨から逃れるように、仙台に向かうことになった。震災以降、仙台空港に降り立つのはこれで7回目。初日は祈りを中心にした行程を組んだ。シンガー泉たくとさんが出来る祈り、僧侶の私が出来る祈りは、形は異なるが…

かつて本照寺の境内にあったご神木がテレビで紹介!

先週、お寺に関西テレビから電話がありました。取材?ではなく、大阪のご神木についての特集をするので協力して欲しいとのことでした。本日、関西テレビ・ゆうがたLIVE ワンダーの中で本照寺が少し紹介されました。かつて本照寺があった谷町7丁目の交差点を…

大阪チャリティー被災地訪問記 〜第4話〜「気仙沼のGround Zero 風の広場でのライブ♪」

今回のツアーは、ほぼ行程表通りに進めることができた。それは、天候に恵まれたということもあったが、メンバー1人1人が力を合わせ動いて頂いたお陰だと思う。特に2日目は、仙台から陸前高田の長距離移動に加え、メインとなった二つのライブの過密スケジュー…

大阪チャリティー被災地訪問記 〜第3話〜 「陸前高田市図書館でのライブ♪」

2日目は仙台市内から陸前高田市まで移動するので朝8時半に集合した。 私とシンガーソングライター泉たくとさんの呼びかけに賛同して頂いたお2人と合わせ4人のメンバーが揃った。これが今回の大阪チャリティーボランティア有志チーム。少数だが、今回は1人1人…

大阪チャリティー被災地訪問記 〜第2話〜 美しい岩井崎と小泉海岸の防潮堤

次に連れて行って頂いた場所は、松林に囲まれた国立公園にも指摘されている美しい岩井崎という岬だった。 これまで、震災後気仙沼には5回行かせてもらったが、観光地には行ったことがなく、こんな美しい場所があることを知らなかった。 海に微細物が誕生した…

大阪チャリティー被災地 訪問記 〜第1話〜「気仙沼の防潮堤」

被災地訪問記、普通は初日から順番に書くのが常かも知れないが、今回は敢えて最終日から綴って行こうと思う。 7月20日、気仙沼プラザホテルで朝を迎えた。その日が今回東北応援ツアーの最終日。旅の最終日というのは大抵、やっと帰れると思うか、まだ帰りた…

お寺で三つのイベント 〜綿棒ワーク、フルーツクッキング、ヨガ〜

7月12日、綿棒ワーク、フルーツクッキング、楽らくお寺ヨガの3つのイベントをさせて頂きました。有難いことに、会場となった檀信徒会館が満席になるくらい多くの方にご参加頂きました。主催イベントでこんなにたくさんの参加者が集まったのは昨年まで開催し…

楽らくお寺ヨガからフルーツヨガイベントへ

今日は久々にお寺で「楽らくお寺ヨガ」があり、初参加の方を含め6名ものご参加がありました。私自身も最近、運動不足にお酒を嗜む機会も多かったので体力面が気になっておりました。益々体も硬くなっているような気もして不安もありました。この楽らくお寺ヨ…

お寺でカルチャー教室再開!

しばらく冬眠していた感のあるお寺でカルチャー教室も本腰入れて行こうと思います!26日の日曜日は、中川美絵先生の「楽らくお寺ヨガ」も再開しました。快晴の日曜日の昼下がり、久しぶりにヨガで身体が鍛えられ心地良かったです。また、昨夜は約一カ月ぶり…

六友会の親睦旅行で鞆の浦に行って来た

日蓮宗宗務所 大阪市管区の第六組、六友会の幹事をさせて頂いている私、4年任期で今年度が最終年度。毎年この時期に恒例の親睦旅行をしているが、今年は広島県福山市の鞆の浦に決めさせてもらった。妻の実家が福山市で、正月に帰った際に下見し、旅行会社と…

住職の遷化から二週間

無常が世の常であることは仏教を学んでいる私にとって充分に理解しているつもりだった。 生きとし生けるもの、いつか死を迎えるという定めも含めて…。だが突然死が自分の親の身の上に起こるとは思いもよらなかった。 2月1日から二週間が過ぎた。更新がピタリ…

デイサービスセンターを訪問 〜大切な活動〜

昨日は豊中市の庄本にある老人デイサービスセンターにシンガーソングライターの泉たくとさんと訪問しました。彼は数カ所のデイサービスセンターの施設で継続してボランティアライブをされています。今後、地元でもこのような社会活動ができないか、活動の幅…

お寺で初講と新年会

11日はお寺で初講があり数名の檀信徒が集いました。 講とは同じ信仰を持つ人々の集まり、お経を講じる法会、儀式という意味で使われています。 歴史を紐解くと、平安時代に仏典を読み研鑽する僧の集団や仏事を指して呼んでいたそうです。初講とは年が明けて…

2014年を振り返って

元日に掲げた2014年の抱負を覗いて見た。 達成できたこと、出来なかったこと色々ある。東北復興支援活動は微力ながら継続させて頂いている。宗門の社教会では、災害対策マニュアル見直し作成に向けて具体化されてきた。 カルチャー教室は予定通り開講した。…

南三陸支援チーム「ありがとう」企画に参加!〜番外編〜

11月23日、南三陸支援チーム「ありがとう」企画の上映会ドキュメンタリー映画「うたごごろ2012年版」の上映が感動のうちに幕を閉じました。 その後は榛葉健監督の講演会。 細部までこだわったこの映画がいかに魂が込められ制作されたかがよく分かりました。 …

ドキュメンタリー映画『うたごごろ 2012』上映会&榛葉健監督の講演会に参加

一瞬あの東日本大震災のことが頭をよぎった方も多かったのではないだろうか? 11月22日、長野県北部で大きな地震が発生し多くの負傷者が出た。被災された方には心よりお見舞い申し上げる。 その翌日私は横浜にいた。ご縁があって微力ながら支援させてもらっ…

ホスピス活動と「がん患者さんの看病をしている人のサポートの会」

日本社会は少子高齢化が進んでいます。現在65歳以上の高齢者は人口の約4分のですが、2030年には更に増えて3分の1になるという統計があります。 高齢者が増えるとどうなるか? 病気や死が身近な問題として溢れてくることを世の常として捉えるべきであります。…

宮城県塩竈港での海施餓鬼法要に出仕

日本列島が強い寒気に覆われた11月13日、宮城県塩竈市で開催された東日本大震災慰霊・復興 海施餓鬼法要に出仕した。主催は大阪伝法川施餓鬼奉行会、支援に日蓮宗大阪市宗務所。震災後、私にとってこれが8回目の被災地訪問になったが、海施餓鬼法要には初め…

大阪医療刑務所と大阪少年鑑別所を見学

先日、大阪市日蓮宗社教会主催の野外研修会で、堺市にある大阪医療刑務所を見学した。教師(僧侶)ばかり15名の参加であった。 始めに制服姿の刑務官による医療刑務所の現状や問題、施設の紹介などプロジェクターを使って丁寧な説明があった。 医療刑務所と…

夢は叶うプロジェクト東北ツアー 〜最終日〜

東日本大震災から3年半が過ぎて人々の関心度も薄れつつあるが、これは日本国全体が抱える大きな問題だと思う。マスコミ報道等にも責任があろう。太平洋戦争以来の第二の敗戦という評論家もいるくらいの非常事態が起こってまだ3年7カ月しか経っていないのであ…

夢は叶うプロジェクト主催 東北ツアー 2日目後半

震災から3年が過ぎ、薄れつつあリアリティーの部分を探し求めるために、シンガーの泉たくと氏と一緒に訪れたのは今年の3月だった。「被災地で歌いたい」と彼はギターを持ち大阪を飛び立った。被災地に思いを寄せるミュージシャンなら自然と沸き起こる気持ち…

夢は叶うプロジェクト主催 東北ツアー 〜2日目前半〜

やはり音楽は人に感動や勇気を与えることが出来ると思う。歌詞に込められた想い、奏でられる音と歌声が心に響き伝わる。 ミュージシャンの被災地支援活動は、勿論遠く離れていても出来るが、実際被災地に行ってライブをすることに大きな意味があるのだと思う…

夢は叶うプロジェクト主催 東北ツアー 初日

あれは「夢は叶うプロジェクト」代表のシンガーソングライター灯織さんが、参加された本照寺での今年4月のチャリティーライブイベント・花音祭での打ち上げの席でのことだった。「皆で一緒に被災地へ行きましょう」と日程も含めてそれとなく決まった。 あれ…

夢叶 南三陸〜気仙沼〜陸前高田ツアー 大阪参加組でミーティング

来月10月5日〜7日まで「夢叶 南三陸〜気仙沼〜陸前高田ツアー」(代表 シンガーソングライター 金子初音さん)に参加させて頂きます。 30名程のツアー参加者にはミュジーシャンも多く参加されることで、被災地数カ所でのライブ活動があります。また、僧侶で…

広島訪問 その2

安佐南区八木にある日蓮宗の龍華寺様の堂宇が甚大な被害を受けたことを知ったのは帰阪してからだった。土砂・流木等の瓦礫が、3階部分まで達しているとのことだ。お見舞いを申し上げると共に、早期の復旧を願うばかりだ。 全国日蓮宗青年会さんのHPで9月8…

広島訪問 その1

8月20日に広島市で起こった大規模土砂災害は、9月1日現在、死者72人・行方不明者2名(広島県災害対策本部の発表)という甚大な被害をもたらした。亡くなられた御霊に心よりご冥福と後生善処をお祈りします。また被災された方々にお見舞いを申し上げます。 私…

地蔵盆に思う

「地蔵盆」と言って、一般にお地蔵さんとして、近畿圏中心に親しまれている地蔵菩薩のお祭りがあります。地蔵菩薩の縁日が毎月24日ということから、お盆月の23日、24日を中心に行われることが多いが、専ら最近は付近の土日にしたりする所もあるようです。地…

〈クイズ形式〉お盆のお経参りはなぜ棚経なのか?

いよいよ、8月お盆真っ盛りということで、この時期は帰省に旅行、レジャーなどの予定があり、楽しみ満載の時期ではないでしょうか? 一方で仏教僧侶にとっては、一年で最も忙しい時期でもあるでしょう。それは「棚経」【たなぎょう】と言われる任務があるこ…

お寺で東北復興チャリティー 仏教基礎講座を開催しました

昨日は、午前中は仏教基礎講座、午後からは寺カフェ英語と本照寺会館はフル稼働でした。先月26日に初めて仏教講座をさせて頂いたのですが、参加出来なかった方から、他日に再び開催して欲しいとの有難い言葉を頂いたこともあり、再度「おもしろ仏教用語vol.1…

「巨大地震〜南海トラフに備える〜 」研修会があった

去る7月4日、日蓮宗大阪市社会教化事業協会(加藤貫裕会長 )主催の研修会が、「巨大地震〜南海トラフに備える〜」という講題で、大阪市天王寺区のホテルアウィーナで開催されました。講師は大阪市危機管理室 防災アドバイザーの杉原利典氏。会場に集った教…

集団的自衛権に対する考え

昨日、大阪中之島のリーガロイヤルホテルで宗政勉強会があり、当会会長でもある中川宗会議員が冒頭の挨拶で集団的自衛権の話題について触れられた。勿論反対の念を力説しておられた。 述べられたことは、新聞やネット記事等を読んでいたら分かることであるが…

第2回「楽らくお寺ヨガ」開催!〜沢山の参加者がお寺に〜

今日は、本照寺れんげカルチャー教室主催 ・第2回「楽らくお寺ヨガ」が自坊でありました。講師は枚方市から来て頂いているヨガインストラクターのMie先生。Mie先生のブログはこちら ➡️http://ameblo.jp/mn-happy-smile/entry-11886291723.html何と2回目にし…

カルチャー教室三昧 朝→英字新聞・昼→仏教・夜→英語

今日はお寺で主宰している、カルチャー教室三昧でした。先ず、午前中は「英字新聞講座」を受けました。来られている方は何と英語のベテラン教師。講師はKitty先生、使用されたのはイギリスの学生にとっての必読書に関しての興味深い記事。レベルが高くてつい…

仏教の勉強会に参加「法華経講座」 〜第一講〜

先日、中央区中寺の正法寺様に於いて、日蓮宗専任布教師で寳泉寺住職の村尾泰孝師の「法華経講座」があった。先月から始まり、3年間で計33講の予定。3年間の講義を全て聴講する意思のある教師のみ対象の勉強会である。 要するに、行けたら行くというような生…

「本照寺れんげカルチャー教室」スタート!

先週は本照寺ビハーラ蓮華教室 主催として、新たにスタートした第110回お寺で英会話サークルYKENGがありました。足元の悪い中をたくさんの方に来て頂けました。その日は「If」を使ってもらい、様々な夢ある会話をしました。dremerとagainst役のロールプレイ…

坊さんとセラピストによる講話 第2回〜悲嘆ケアと湯灌について〜

「お坊さんとセラピストによる星になった命の講話」第2回目の今日は、前半が私の悲嘆ケアの話、後半がセラピストのSAPUNAPIたえさんによる湯灌の話でした。 前回は自坊である本照寺で行いましたが、今回は八尾市にあるリフレandボディーオイルマッサージ・サ…

セラピストと僧侶が伝えた尊い命についての講話

今日は、ホスピス活動をされている癒しのセラピスト、SAPUNAPIたえさんと一緒に命についての講話をさせて頂きました。職業は違えど、同じ市内で尊い命に向き合って活動されていることで、一緒に想いをお伝えしましょう!という話に相成りました。この世に生…

セラピストと僧侶による星になった命の講話があります!

告知です!セラピストとして湯灌師の経験を経て、ガン患者さんや看病されてている方々へのサポート活動などホスピスボランティアをされているSAPUNAPIたえさん。そんな癒しのセラピストと私が、病気でターミナルを迎える方や大切な人を亡くされた方とどのよ…

韓国の旅客船沈没事故に思う

韓国の旅客船セウォル号の沈没事故から明日で一週間が経つ。22日現在、亡くなった方は100人を超え、依然行方不明者は約200人という大惨事だ。犠牲者のご冥福をお祈りする。多くの乗客は、修学旅行の高校生だった。親御さんにとっては、堪らないし胸が張り裂…

「花音祭vol.2」を振り返って 最終話

先月被災地に行く前、出演者に東北被災地への思いを伺ったところ、すぐお応え頂いたのが「461モンブラン」さんのボーカル黒猫かなさんでした。それは「復興支援は頭の片隅では分かっていても、何をして良いのか分からない方がたくさんいらっしゃるのでは?」…

「花音祭vol.2」を振り返って 第2話

桜は満開よりも散りかけが美しいとの言われ方もします。毎年見慣れているはずの私ですが、この日は前夜の雨風にも耐え残った生命力のある桜の花が一際美しく見えました。慰霊法要の後は、特別出演として横浜から来て頂いた「夢は叶うプロジェクト」代表でシ…